医療、福祉における身元保証

subpage01

病院に入院したり、老人ホームなどの福祉施設に入所する時には、身元保証人を要求されることがほとんどです。


この身元保証人とは、本人が背負った債務を完済し切れない時に、本人に代わって債務の弁済をする人のことです。


医療や福祉における身元保証人は、さらに多くの役割が期待されています。
それぞれ詳しく見てみましょう。

医療においては、入院手術にかかる費用の保証、入院計画や手術への同意、退院する時の身元引き受け、万が一亡くなった時の遺体の引き取りなどです。

福祉においては、本人の認知能力が低下していることが多いため、本人が治療などの方針に同意することが難しくなっています。

そのため、本人に代わって行う同意、福祉施設への入所でかかる費用の保証、途中で退出する時の身元の引き受け、万が一亡くなった時の遺体引取りなどです。

身元保証関する情報選びといえばこちらのサイトです。

このように、身元保証は負担の大きい役割です。


日本人が大家族で暮らしていた時代には、家族が引き受けていたことでしょう。

しかし、今は単身世帯も多く、身元保証人がなかなか見つからないという事態も珍しいことではありません。


そこで思いつくのが、「成年後見人」や「任意後見契約」という制度の利用です。


「成年後見人」は判断力の低下した本人に代わって財産の管理をしたり、本人の身の上監護をしてくれる人です。「任意後見契約」は、本人に判断力が残っているうちに、予め「成年後見人」を定めておく制度です。



「成年後見人」は家庭裁判所が関わるため、ある程度信頼が担保されます。



身元保証の皆が知りたい情報

subpage02

現在の日本は高齢化が進んでいて、高齢者に比べて出生し成長していく子どもの数が少ないことから、いくつかの不安や問題点が浮かび上がっています。その中でも今後ますます深刻になっていくのが、高齢の方の独り暮らしや共に高齢となって生活している夫婦が増えることです。...

NEXT

身元保証をもっと知る

subpage03

生活をしていく中で家の契約や老人ホームへの入所等の様々な時に身元保証人が必要な場合があります。天涯孤独といった人もいますが身内がいても疎遠になっていて頼めなかったり高齢者や遠方に住んでいることもあり頼みにくいという場合もあります。...

NEXT

身元保証の意外な事実

subpage04

賃貸物件を借りる際や企業に就職する際は、大抵は身元保証人を立てるようにと言われます。この保証人が居なければ契約する事が出来ません。...

NEXT

身元保証の事柄

subpage04

賃貸物件を契約するとき、企業に就職するとき、有料老人ホームに入居するとき、これらは共通して身元保証人が居なければ契約する事が出来ません。身元を保証してくれることで、どんな人かがわかり受け入れる側が安心できるからです。...

NEXT