中古マンションの滞納問題

新築マンションは、日が浅いから滞納問題は無縁ですけど、中古マンションは年月が経っていますから、住民によっては管理費や修繕積立金を滞納する人も出来てきます。それでその滞納分を他の住民が負担しなければならないとなったら、すごく気分の悪いものでして、滞納者が多いマンションを買うのは避けたいです。それで実際の話、滞納する人はマンションの管理会社から訴訟を起こされて、支払わなければマンションを差し押さえる厳しい処分が有りますから、そうやってちゃんと滞納分は回収するから中古マンションでも他の住民の滞納した管理費や修繕積立金を払う必要が無いです。しかし中古マンションの場合、払わなければいけない場合が有ります。

それは滞納された状態のマンションを買った時です。マンションを買うということはマンションの権利と義務を買うということだから、管理費や修繕積立金を払うという義務まで買います。だから滞納された管理費や修繕積立金は、新しい所有者が払うことになります。このことを知っていれば買わないかマンションをその分値引きすればいいから問題無いです。

しかし知らないで買ったら、売り主に請求しなければならないです。ただ滞納する人だから当然払うわけも無く、訴訟を起こそうにも管理会社が訴訟を起こさないレベルの金額だから、訴訟を起こすまでのメリットが無く泣き寝入りになります。前の住民の分まで払うのが馬鹿馬鹿しいから、中古マンションを買う時は管理費などを滞納していると想定して、その分買値を値引きして買うことです。千葉県の分譲マンションのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です