トイレ修理で水漏れを自分で直すリスク

トイレ修理で水漏れをプロに直してもらうと結構費用が高くて、出張料や作業料金に部品代等を総合すると、単純なパッキン交換であっても10、000円を超えることは当たり前です。作業内容によっては、50、000円オーバーすることもあります。自分で部品を買ってきて直せば僅かな費用で収まるため、チャレンジしてみる人が増えています。でも、慣れていない人が作業を行うことはそれなりにリスクがあるから気をつけましょう。

ホームセンターなどで売られている部品は値段が安くて、どこのメーカーの本体にでも使用できるタイプのものが広く取り扱われています。規格が合えばきちんと取り替えることができるため、問題がないように感じますが、メーカーからすると正規品とは認められない部品です。本体に故障があったとき、まだ保証対応期間であったとしても、違う部品が接続されていると対象にならないことがあります。原因がその部品である可能性があって、メーカー側の保証で対応すると損してしまうためです。

保証期間内に不具合があったときには自分で対応しようとはせず、購入した会社や施工した会社等に連絡を取り、トイレ修理を依頼し水漏れの解消を行いましょう。もともと部品の欠陥や設置方法に問題があったのであれば、代金等も発生せず直してもらえる可能性があります。自分で直すときに工具を持っていない場合は、トイレ修理の水漏れ対応で必要な工具を揃えると部品代より高額になる場合があります。めったに使わないのに買ってしまうと、損する可能性が高いです。

ホームセンターで工具がレンタルできるサービスがある場合でも、1泊2日で500円前後かかるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *